取引

7月30日 取引 GBP/JPY デイトレード

取引根拠

日足レベルでは上昇基調ではあったが日本時間でレンジを形成しロンドン時間に入る前に意識ラインを背に陰線をつけたためショートでエントリーする

前提条件として日足レベルでは上昇トレンドであったので、できるだけポジションの保有時間は少なくし利益確定ポイント付近で利食いするようにシナリオをたてた

・シナリオ

エントリーライン:36.265

利確ポイント:136.000(節目ライン)

損切り:136.418

想定獲得PIPS約25PIPS

リスクリワード3:2

利益が乗ってこれば損切りをラインを下げて、リスクリワードを上げていく

エントリー直後のチャート

決済時のチャート

一時20PIPS程伸びていたため、損切りラインを下げたがそのままV字回復し損切り -8PIPS

注意するべきポイント

上位時間時期が上昇であるということを念頭にショートポジションの保有時間は少なくするべきであるのに、節目ラインまで下がると思い込み踏み上げを食らってしまった。

下位の時間軸が上位の時間軸の流れに勝てるわけがないので、上位時間と逆行したエントリーはさらに慎重にしていくべきである

FXブロードネット
【FX専用】SBI証券

関連記事

  1. 3月11日 取引 0.5ロットで検証中

  2. 8月3日 USD/JPY デイトレード

  3. 8月20日 GBP/USD デイトレード

  4. 9月7日 GBP/AUD 5分取引

  5. 9月18日 GBP/USD 5分取引

  6. 9月6日 AUD/USD 5分取引

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP