各通貨考察(毎週更新)

GBP/JPY 来週の値動き考察【2021年9月13日~17日】

GBP/JPY日足チャート(環境認識)

日足で見てみると、上のチャネルラインをブレイクしたと思いきや、上髭をつけて反発している状態です。

 

レジスタンス&サポートラインはどこ?

・レジスタンスライン

152.300付近(日足チャネルライン付近)

152.000付近(節目ライン)

153.000付近(節目ライン)

・サポートライン

151.150付近(日足短期移動平均線)

151.000付近(日足下限チャネルライン付近)

来週の値動きについて&経済指標


・上昇した場合

日足チャートを表示

上限のチャネルラインを何度も試して、最終的には上髭をつけている状態ですので、下がる傾向にはあると感じます。しかし、まだ上昇の余力があると仮定するならば、チャネルラインをブレイクし154.000までの上昇の可能性はあると思います。

フィボナッチリトレースメントがわからない方はコチラの記事を参考【FX】フィボナッチの引き方と注意点【トレード技術が激変します】

・下落した場合

現段階においては、個人的には売り一択で考えています。なので下がるとするならば三角持ち合いを形成すると仮定して下限のチャネルラインまでの下落が期待できると思っています。

チャートパターンについてはコチラで詳しく解説してます➡【FX大公開】勝てるチャートパターン6選

・来週の経済指標

 

 

経済指標カレンダー|みんかぶ FX/為替 (minkabu.jp)

理想的なチャートパターン

日足チャートを表示

先ほどお話しした通り、来週に関しては売り一択で考えています。というのも先週は上限のチャネルラインに何度も試していて、一度抜けたと思わせて結果的に反発している状態なので、来週に関しては売り圧力が強いのでは思っています。

ワンポイントアドバイス

来週にあっては、売り一択で話をしていますが、仮に上昇した場合はノーエントリーでいいと思います。一番怖いのは売ることに固執してしまい、上昇したところで売りを入れて再度上昇してしまうパターンです。

こうなってしまうと無限ナンピンの引き金となってしまうので、そこは注意してトレードするようにしていきたいですね。

0円の外貨投資・FXスクールという近道

 最近ではFXスクール等も増えてきていますが、基礎のベースを身に着けるなら日本ファイナンシャルアカデミーが早いかもです。

日本ファイナンシャルアカデミーのプログラムではFXの仕組みから、経済指標の見方、テクニカル分析、リスク管理の方法まで

FXで利益を上げるのに必要なノウハウのすべてを学べる「外貨投資・FXスクール」の無料体験会があるのでリスクゼロです

なので、これを使ってより詳しい基礎を学ぶのもありですね。

➡外貨投資・FXスクール外貨投資・FXスクールの無料体験はこちら

FXブロードネット
【FX専用】SBI証券

関連記事

  1. 【9月28日~10月2日】ユロドルの来週の値動き予想【チャンスあり】

  2. GBP/JPY 来週の値動き考察【9月7日~11日】

  3. GBP/JPY 来週の値動きを考察【11月30日~12月4日】

  4. GBP/JPY 来週の値動きを考察【12月7日~12月11日】

  5. 4月13日~17日のドル円・日経平均を考察

  6. GBP/JPY 来週の値動き考察【2021年8月29日~9月3日】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP