初心者向け

【FX初心者必見】ポジポジ病に陥る人の特徴5選と克服方法2選

 

ポジポジ病がどうしても治らない。どうにかにて治したい!

 

こういった疑問にお答えします。

記事内容

・ポジポジ病になる人の特徴5選

・ポジポジ病の克服方法2選

現在、投資歴は5年(FX歴は1年9か月)でFXの月収は50万円程です。この程度なら誰でも達成可能ですが、私自身最初に立ちふさがった壁が【ポジポジ病】です。

ポジポジ病が悪いわけではありませんが、確実に勝率が落ちてしまい結果資金が減っていくことがほとんどのケースです。

そこで今回はポジポジ病になる人の特徴と克服方法について記事を書いていこうと思いますので、最後まで読んでいただくと幸いです。

まだ、FXのやり方がいまいちわからない方はコチラの記事からどうぞ→【初心者必見】FXの始め方【簡単にまとめました】」

ポジポジ病になる人の特徴5選

ポジポジ病とは

ポジポジ病とは、その名の通り1日の取引において何度もトレードをしてしまうことです。

何度もトレードすることは悪いことではありませんが、基本的にポジポジ病の場合ほとんど根拠がなくエントリーしてしまっています。

結果、資金が無くなりFXから退場してしまうなんてケースがかなり多いことが挙げられます。

・【特徴その1】感情的になる人

ポジポジ病の代表ともいえるのが【感情的になる人】です。

基本的に感情的になるケースというのは【大きく負けた後】に出現することがほとんどです。

本来であれば、大きく負けた後はロット数を減らしてトレードすることがセオリーですが、

ポジポジ病の場合は逆です。

大きく失った資金を一度で取り戻そうとするあまり、ロットを大きく張ってやられる。

仮に資金を元に戻したとしても、こんなことをやっていては必ず資金を失う日がやってきます(自身が経験済み)

・【特徴その2】ルールを守らない

これもポジポジ病に多いですね。

ルールというのは例えば、1日のトレード回数やトレードする時間帯を決めている等

以外にこれをきめていない人が多くて、結果計画性のないトレードが続いてしまう。こういったことがポジポジ病に繋がってきます。

なので、ルールを守らないというよりは【ルールを作っていない】の方が正解かもしれません。

・【特徴その3】すべてがチャンスに見えてしまう

これは【ルールを守らない】ところと類似するところはありますが。相場を見ていると「結構チャンスあるんじゃない?」こういった錯覚を起こすことがよくあります。

確かに監視通貨が多くてずっと相場を見ているとこういったことは多く起こりますが、基本的にチャンスではありません。

確かに上級者トレーダーのレベルまで行けば、それは本当のチャンスかもしれませんが、初心者の人がいきなりチャンスを見極めれる可能性は正直かなり低いです。

初心者は経験も少なく知識量も乏しいはずなのになぜか1日で巡ってくるチャンスの数が中上級者より明らかに多い傾向にあります。

その錯覚がポジポジ病を生み出していくわけです。

・【特徴その4】チャンスを逃した後、無理なトレードをする

結構多いパターンとして、例えば狙っていたポイントを見逃してしまうことで【損をした気分になる】こういったことは皆さん経験ないですか?

こういった感情になった場合、エントリーもしていないのに損をした気分になり【よくわからないところでエントリーしてしまう】これが非常に多いです。

前提として考えないといけないのは【投資はどう資産を減らさずにやるか】これを理解しておく必要があります。

なので、先ほどの例でいうとエントリーもしていないから資産は全く減っていないので何の問題もないはずが、なぜか損をした気分になってしまう。

これはまず排除しなければならないマインドです。

・【特徴その5】FXをギャンブルと思っている

これは言うまでもありませんね。このマインドの人はFXに限らず投資の世界ではまず勝つことはできません。

ポジポジ病の克服方法

・【克服方法その1】トレードルールを設定する

これが極めて一番重要です!

先ほども書いたようにトレードする時間帯や一日のトレード回数をあらかじめ決めておくことが重要です。

この理由としては【トレード回数が多いほど勝率は50%に近づいていく】この法則を覚えておいた方がいいです。

これを理解しておけば、ポジポジ病はかなり克服できると思うので是非試してみてください。

参考記事➡【FX初心者必見】勝てる投資家の資金管理法を徹底解説

・【克服方法その2】負けた時はエントリーをしない

だれでもトレードしていれば、大きく負けることはあります。こういった時はメンタル的には不安定な状態で冷静さを失っている可能性があります。

こういった時にトレードをしても、正常な判断ができずさらに損失をくらう可能性が高くなってしまう。そうなったことを排除するためにも【その日はトレードをしない】

これを徹底する必要があります。

負けたその日ぐらいトレードしなくても相場は土日を除いて毎日動いているわけですから、毎日チャンスがあるわけです。

逆にトレードをしない分、検証に時間を費やしたりこうやってブログを書いたりFXに関する時間の使い方は無限にあるわけです。

参考記事➡【FX】感情トレードを排除してコントロールする方法3選

まとめ

今回はポジポジ病の特徴と克服方法について解説をしてきました。

克服方法について「少ない!」と思った方もいるかもしれませんが、ぶっちゃけこれができれば【ほぼ100%ポジポジ病は克服できます】

ポジポジ病の原因を一つにまとめると【自分のルールがないこと】なんですよね。

例えば、私たちの暮らしはルールがあるから社会の秩序は保たれていますよね。逆に無法地帯と言われる国では争いが絶えず国の秩序なんてあってないようなものです。

FXにおいてのポジポジ病はもはや無法地帯と同じなわけでポジポジ病は犯罪レベルです。なのでこれを克服しないといけないわけです。

そこで、国を立て直すためFXを確立させるためにもルールを設定することが一番重要なことなので、ポジポジ病が治らないという人は一度試してみてください。

 

 

 

FXブロードネット
【FX専用】SBI証券

関連記事

  1. 【FX初心者】損切りのやり方を徹底解説

  2. 【FXで重要】各取引時間の特徴と勝ちやすい時間帯

  3. 【ポートフォリオはこうやって作れ!】おススメの投資先をお伝えします

  4. 意識される水平ラインの引き方・エントリーのコツ

  5. 【FX初心者必見】FXの始め方【簡単にまとめました】

  6. 【FX初心者必見】少ない資金で月10万円稼ぐ方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP