各通貨考察(毎週更新)

ポンド円予想【9月17日13時半現在 デイトレード】

ポンド円の現在の値動き【13時半現在:5分足】

長いレンジの下限付近で推移

今日の注目材料【経済指標】

・15時00分:【日本】黒田日銀総裁の記者会見 重要度★5

・20時00分:【イギリス】BOE制作金利&声明発表・資産購入枠発表・議事録公表 重要度★5

・21時30分:【アメリカ】新規失業保険申請件数、フィラデルフィア連銀景況指数、住宅着工件数、建設許可件数 重要度★4

・未定     【南アフリカ】SARB政策金利&声明発表 重要度★4

レジスタンスライン及びサポートラインはどこ?

レジスタンスライン:136.400付近

サポートライン:135.400付近 

今日の値動きについて

まずは30分足のチャートを表示します。

・上昇した場合

現在、5日間レンジ状態が続いている状態

このレンジを上に抜ければ少なくとも138円付近までは上昇すると考察する

・下落した場合

135.400付近のサポートラインを割ると正直下落幅は未知数(笑)

 

エントリーポイントと注意点

エントリーポイントについてはレンジの上限、下限をブレイクすればエントリー【ブレイクアウト手法】

今回の場合5日という長い期間レンジが続いていることから、かなりのパワーが溜まっている状態なのでブレイクを根拠にエントリーしてくる投資家は多いと推測します。

これが1日とか短い時間であった場合はブレイクアウト手法はダマシにあうことが多いですが、今回はブレイクすれば素直にそちらの方向に向かうのではと思います

注意点

ただし、今週1週間の考察にもお伝えしたとおり、現在週足の短期移動平均線で反発が見られているので、ショートを打つ際は、週足のところも考慮しエントリーしていく必要がある

参考➡GBP/JPY 来週の値動き予想【9月14日~18日】

FXブロードネット
【FX専用】SBI証券

関連記事

  1. GBP/JPY 来週の値動きを考察【11月30日~12月4日】

  2. 来週の日経平均・ドル円の値動きを考察

  3. ユロドル来週の値動き考察(10月12日~16日)

  4. EUR/USD 来週の値動きを考察【2月1日~2月5日】

  5. GBP/JPY デイトレード 考察【今日はチャンスがないかも】

  6. 4月20日~24日のドル円・日経平均を考察&反発ポイント

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP