各通貨考察(毎週更新)

GBP/JPY デイトレード 考察【今日はチャンスがないかも】

結論から

この記事はロンドン時間からの値動きを考察するものになります

今日に関してはNY市場が休みということもあって、そこまで大きな値動きはない可能性が高いのでトレンドは形成されずレンジになるのでは考察します

上限:141.140付近

下限:140.480付近

チャートをみてみよう

画面左側が5分足 右側が日足のチャートを表示

ここを見てみると5分足レベルでは逆三尊が形成されており、転換のサインともいえます

しかしながら冒頭にも説明した通り、今日はNY市場がお休みなので転換する力を持っているのか微妙なところである

逆三尊が機能した場合

これが転換のサインとして、考えたときに上昇の値幅は141.450付近ではないかと思います

ただしその値段に到達するのは今日ではなく明日以降になる可能性があるので一概にロングすることはおススメしない

 

逆三尊が機能しなかった場合

ネックラインを背に140円付近まで下落する可能性もありえます

本日のトレード戦略

今日に限っては仮にポジションを持ったとしてもボラティリティが少ないことが予想されることから長時間のポジションはあまり優位性を持たないとおもいます

なので、レンジを想定しスキャルピングで数PIPSの値動きで決済をし少しずつ利益を積み上げていくことが得策である

さらに言うならば、今日はトレードを行わないことも1つの手段だと思います

私の経験上、ロンドン市場やNY市場が休みの時は予期せぬ値動きを見せたり、全く動かないこともしばしばあるので仮に自分の得意パターンが出現したとしても

シナリオ通りの動きにはならないのではと考察します

じゃあこのような場合はどうすればいいのか

別の記事で説明しているので参考まで➡【重要】エントリーチャンスがない時!有効活用方法3選

FXブロードネット
【FX専用】SBI証券

関連記事

  1. GBP/JPY 来週の値動き考察【2021年7月12日~16日】

  2. 4月6日~10日のドル円・日経平均を考察

  3. GBP/JPY 来週の値動き考察【2021年6月28日~7月2日】

  4. EUR/USD 来週の値動きを考察【2月1日~2月5日】

  5. GBP/JPY 来週の値動きを考察【12月7日~12月11日】

  6. USD/JPY 来週の値動き考察【2021年6月28日~7月2日】

コメント

    • 荒谷直樹
    • 2020年 9月 10日

    はじめまして。 私は、ポンド円1本でトレードしています。
    筋トレさんの思考回路、私と酷似しているので、アップしました。
    今後とも確かな情報を共感できればと思っています。よろしくお願いします。

      • Candy Shop
      • 2020年 9月 10日

      荒谷直樹さん。コメントありがとうございます。
      とても光栄です。ポンド円1本で勝負しているのはすごいですね!
      今後とも色々と共有していきましょう。宜しくお願い致します。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP